baker

静岡を拠点に活動しているトラックメイカー/DJ。

2000年頃より主にネット上にてKeisukeHattoriとして楽曲を発表し始める

その後、baker名義で2007年より動画サイトにてボーカロイド楽曲等を発表。VOCALOIDシーン最重要アーティストのひとりと称され、 2007年10月にニコニコ動画にて発表された楽曲「celluloid」は、当時としては初めての、キャラクターを一切映像上に表示させない PV作成手法で話題を呼び多くのリスペクトを集め、楽曲「カナリア」についてはVOCALOID開発者の剣持秀紀から 「VOCALOIDの可能性 を限界まで追求した楽曲」と推薦された。

2009年にビクターエンタテインメントよりメジャーデビュー。

現在ではDJやギターでのライブ出演をこなしつつ、TVCM、TVアニメ、筐体音楽ゲーム、PS3用ゲーム「TOKYO JUNGLE」等の楽曲制作をこなす等、多方面へ活動の幅を広げている。

CD

「ピコ萌え!Future8bitシリーズ3 8bitで未来旅行」(ハッチ・エンタテインメント 2008年)リミックス

「filmstock/baker」(ビクター 2009年)作詞・作曲・編曲

「Re:MIKUS」(ビクター 2009年)リミックス

「EXIT TUNES PRESENTS Vocarhythm feat.初音ミク」(EXIT TUNES 2009年)作詞・作曲・編曲

「EXIT TUNES PRESENTS Vocalostar feat.初音ミク」(EXIT TUNES 2009年)作詞・作曲・編曲

「千年の独奏歌/風雅なおと」(LOiD 2009年)作詞・作曲・編曲 リミックス

「LOiD-01 -LOiD’s LOGiC-」(LOiD 2009年)作曲・編曲

「初音ミク ベスト?memories?」(ソニー・ミュージックダイレクト 2009年)作詞・作曲・編曲

「EX:P?Ex:Producers?」(FARM RECORDS 2010年)作曲・編曲

「超!アニメビート」(BinaryMixx Records 2010年)リミックス

「EX:P2 ?Ex:Producers2?」(FARM RECORDS 2010年)作詞・作曲・編曲

「LOiD-02 -postrock- LOiD’s MiND」(LOiD 2010年)作曲・編曲

「ANIME HOUSE PROJECT ?萌え selection vol.1?」(エイチーム 2010年)リミックス

「MOMO-i REMIXIES AKIHABA LOVE/桃井はるこ」(AKIHABA LOVE RECORDS 2010年)リミックス

「EXIT TUNES PRESENTS Supernova 3」(EXIT TUNES 2010年)作詞・作曲・編曲

「Diary/saiya」(avex 2010年)作詞・作曲・編曲

「護法少女ソワカちゃん Remix! 改の巻」(LOiD 2010年)リミックス

「初音ミク -Project DIVA- 2nd NONSTOP MIX COLLECTION」( ソニー・ミュージックダイレクト 2010年)作詞・作曲・編曲

「VOCALO LOVERS feat.初音ミク」(ドリーミュージック、2011年)作詞・作曲・編曲

「DJ Lily Presents SUPER VOCALOID」(avex trax 2011年) リミックス

「Deejay Busters!」(ビジュアルアーツ 2011年)リミックス

「積乱雲グラフィティ/ryo(supercell)」(ソニー・ミュージックダイレクト 2011年)リミックス

「初音ミク DANCE REMIX Vol.1」(ビクター 2011年)リミックス

「LINK / RING」(avex trax 2011年)作詞・作曲

「VOCALOID tribute to THE BLUE HEARTS」(トラフィック・エンタテインメント、2011年)リミックス

「しんがー・そんぐ・らいてぃんぐ(LOiD-03)」(ビクター 2012年)作詞・作曲・編曲・歌唱

「あきこロイドちゃん LOVE? / V.A.」作詞・作曲・編曲

「HYPER DANCE REMIX ~彩音~」(5pb 2012年)リミックス

「VOCALOID3 meets TRF」(avex trax 2013年) リミックス

DVD・BD

「Snowboard PV“2nd Party!”」(NEOIMPRESS 2005年)

「初音ミクDVDmemories」(ソニー・ミュージックダイレクト 2010年)作詞・作曲・編曲・映像

「ミクの日感謝祭 39′s Giving DayProject DIVA presents 初音ミク・ソロコンサート~こんばんは、初音ミクです。~」(5pb 2010年)作詞・作曲・編曲・演奏

ゲーム

「Pussy Cat」(Alster 2004年)

「X-BEAT」(T3 Entertainment 2009年)

「ミクうた、おかわり」(セガ、2010年)

「初音ミク -Project DIVA- 2nd」(セガ、2010年)

「セブンスドラゴン2020」(セガ、2011年)

「ハッピー☆ナイトクラブ」(葵プロモーション 2011年)

「SOUND VOLTEX BOOTH」 (KONAMI 2012年)

「TOKYO JUNGLE」(ソニー・コンピュータエンタテインメント 2012年)

「ガンスリンガーストラトス」(スクウェア・エニックス 2012年)

アニメ

「フジログ」(ビクター 2011年)EDテーマ編曲

「12歳」(小学館 2014年)劇伴

Track maker / DJ that is based in Shizuoka, Japan.

October, 2007 publication in NicoNico Douga. His  music “celluloid” was made using VOCALOID at the time.

It shows the side as his movie creator, too.

The character does not come out to this animation.

This was very epoch-making in those days. And he collected much respect.

It was recommended with “the musical piece that pursued possibility of VOCALOID to the limit” about the musical piece “canary” by Hideki Kenmochi of the VOCALOID developer.

The major debut from Victor Entertainment in 2009 .

While doing the live appearance of the guitar and DJ, etc…

His music production are TVCM, TV anime ,  music game , PS3 game  ” TOKYO JUNGLE “.

He is expanding his range of activities to many fields.

DJ de renom basé à Shizuoka (Japon), baker s’est fait connaître au début des années 2000 sous le nom de Keisuke Hattori, avant de faire son entrée sur la scène de la Vocaloid music en 2007 sous le nom de baker.

Il s’est notamment illustré par sa chanson celluloid, publiée sur NicoNicoDouga en Octobre 2007. Ce clip, réalisé par ses soins, était une vraie révolution à l’époque ce qui lui a attiré le respect du public. Son titre canary lui a également valu la reconnaissance d’Hideki Kenmochi, créateur du logiciel VOCALOID, qui affirme à son sujet que « ce morceau pousse les possibilités offertes par [celui-ci] à ses limites ».

C’est ainsi qu’il fait ses débuts en 2009 dans le label japonais Victor Entertainment, tout en continuant ses activités de guitaristes et de DJ. Ses productions, nombreuses et variées, couvrent l’ensemble de la pop culture japonaise contemporaine : clips musicaux pour la télévision, musiques d’animes, de jeux vidéos (notamment le très remarqué TOKYO JUNGLE sur PS3). A l’heure actuelle, il continue ainsi d’étendre ses activités à davantage de domaines.